カウラで一番有名な日本人

2014-10-12

昨夜は、弊社のお得意様のコールファーマーの皆様のコンサートがあり浜離宮朝日ホールに行ってきました。素晴らしい時間を、素晴らしい仲間と一緒に過ごすことが出来ました。そして素晴らしい出会いもありました。94歳の元捕虜の村上さんとの再会も嬉しかったです。こんな素晴らしい機会を提供してくれたコールファーマーの皆さんに感謝です。そして、38年間前から18回の演奏旅行を続けてこられるコールファーマーの偉大さと病に倒れられてもカムバックしてくる升本先生の凄さを感じた夜でした。

3月に弊社を利用してオーストラリアを旅してくれた南さんのブログとコールファーマーの斎藤さんのコメントが良かったので、そのまま掲載させていただきます。

10171036_1577718649110291_4971388582783770181_n

土曜の夜は、コール・ファーマーの今年の秋の、オーストラリア・ニュージーランド公演ツアーの、報告会に伺いました。

コール・ファーマーというのは、もともと東京農大から始まった男声合唱団で、農夫たちの歌声”といったような意味の名前の、コーラスグループのみなさんです。
今年、結成46年という歴史を持ち、国内各地のほか、国際交流のため、2年に一度、ニュージーランドや、オーストラリアを回っておられ、今回は、9月の海外公演ツアーを終えての、報告会でした。

私が、オーストラリア日系人とつながりがあることから、お知り合いになったコール・ファーマーの方が、招待してくださって、美しい男声合唱をお聞きしました。
そのあと、会場に見えたいろんな方々とオーストラリアワインなどで、交流会もありました。ワォ!!

コール・ファーマーの皆さんは、オーストラリア・カウラ市の、日本兵たちが脱走事件を起こした、捕虜収容所跡地や、日本人墓地もまわってこられ、地元のみなさん交流したり、また、なんと!!今回、私を招待してくださった方が、わが祖父 村上安吉のお墓にもお参りしてきてくださって、写真を私に手渡してくださいました!!感激!!

3月に、私がオーストラリアに、ルーツをたどる旅に出かけて以来、いろんなつながりができ、様々な学びをいただいて、本当に、感謝しております。

会場では、元日本兵で 第二次大戦中 オーストラリア・カウラ市で捕虜になり 日本に戻ったあと たくさんの歴史を語り続けておられる 村上輝夫さん(94)さんにも、お会いしました!村上さんは、とても優しく穏やかな方で、皆さんにも好かれて、様々な方と談笑されていて、こちらの方が、励まされた思いでした。感謝。

手話パフォーマー 手話コーディネーター 手話通訳士 手話あいらんど代表
南 瑠霞

この記事へのコメント

昨日は本当にありがとうございました。
ようやく歌を聴いて頂く事が出来、本当に嬉しく思っています。カウラに眠るおじいさまには、1977年以来19回、この合唱団の歌を聴いてもらっています。(その頃私は中学生!!)出会いとは本当に不思議なものですね。次回はぜひジョーさんもお誘い下さい。
我々は歌を通してオーストラリアやニュージーランドの方々と交流を持っています。南さんの活動ともリンクしていければ素晴らしいなぁ、と思っています。
これからもよろしくお願いします。手話ライブにも誘ってください。今度、世田谷で飲みにいきましょうね~。

Posted by 斎藤智志 at 2014年10月12日 06:18