マンゴピッキングの仕事には気をつけて!

2015-11-04

私の友人でダーウィンで頑張っている女性サチさんとは、ダーウィンの空爆慰霊祭が切っ掛けで3年ほど前に

知り合いました。彼女は慰霊祭で日本人女性では初めて花束を献花した事で地元のマスコミにも取り上げられました。

ダーウィンはあまり情報がないので、彼女のブログから彼女を頼ってくる日本人のワーキング・ホリデーの

若者も多いようです。

先程、スカイプで色々とダーウィンの話をしたのですが その時に彼女からマンゴピッキングで病気になる若者が

多いから気をつけてという話を聞きました。早速、そのことを書いたブログを紹介していただいたので

抜粋してご案内します。12月はマンゴの収穫シーズン真っ盛りです。僕も、マンゴ畑を訪問したことがあり、

若者の仕事には良いなと 考えていたので、この情報は大変貴重だと思います。

20141002 マンゴ農家を訪問 後ろがマンゴの木です。

サチさんのブログより

ワーキングホリデービザの延長の為にフルーツピッキングを考えていらっしゃる方へ、マンゴー農園だけはやめましょう。

マンゴーの収穫に関わって、マンゴーラッシュと言う酷いアレルギーになった人の話はよく聞いていたのですが、今回ダーウィンにきた若者の悲惨な 肌の様子を見て、これはやはり今後来る人たちのためにもお知らせしなければ!と思い、写真を撮ってブログに載せる許可をもらいました。

気温が上がるとさらに痒くなるそうです。

私の知る限り、マンゴー農園で働いた人のほとんどが芒果アレルギーを発症してこのような状態になるようです。発症後は働くどころではありません。みなさんひきこもり、家からも出られない状態になるようです。薬も効かず塗り薬も役に立たず、ほんとに辛そうでした。

ワーホリのセカンドビザを取るためにマンゴー農園の求人がありますが、この仕事はあまり日本人には向いていないようですよ。マンゴーは漆科に属し、樹液がかかるとアジア人は酷い反応をするのだそうです。。。よく考えて選んでくださいね