目的をもったオーストラリアへの旅

2016-05-31

オーストラリアが世界に誇るものを体験、視察に行く為の目的のある旅が今後は増えていくだろう。

観光でオペラハウス、ゴールドコーストのビーチ、エアーズロックを訪問して、一度観光を終えると

「あ、あそこは訪問したよ。観光したよ!」で二度と訪問することはないだろう。

ところが、今回訪問したノース・ストラッドブローク島の30キロも続く砂の海岸線の砂の上を4WDで疾走することなら

大前研一さんではないが、10回以上も通う人がいる。僕も仲間を連れて再訪したいと思っている。

私の仲間はオーストラリアのアウトバックを4WDで走る為に、何度もオーストアラリアを訪問している。

先日は、会社勤めの人たちのガイド役で2カ月近くもオーストラリア中を走りまくっていたというのだから凄い。

スポーツもそうであろう。サーフライフセービングのトレーニング、大会参加、観戦など 本場のオーストラリアで

学ぶ為に何度も足を運ぶ、ライフセーバーも多い。

今、私は競馬にも注目している。たまたま、先日お連れしたお客様が競馬関係の方で、ブリスベンにある競馬場を

目のあたりにして、ずいぶんと感激されていた。学校がお休みになるメルボルンカップの話をしたら、是非とも観戦

してみたいとのこと。また、子供たちにも見せてあげたいとのこと。

オーストラリアが世界に誇れるものをピック・アップして、日本でその関係者に向けて発信して、オーストラリアに

興味を持っていただき、お連れする。その関係者だけでなく、そのご家族の方も対象になるであろう。

そんな事を、ここ数日考えている。