エアーズロック・ライジング・サンツアー

2015-01-02

新年明けましておめでとうございます。

昨年末に訪問して体験したAATKings社のエアーズロックのサンライジング・サンツアーに参加した体験談です。

英語だけのツアーで朝食付きで、お一人様 $159-です。(プラス 国立公園入場料 $25-)

このツアーの特徴は、先住民アボリジニのアナン族の方から直接話が聞ける事です!!

anagu2

 

朝4:45にアウトバックパイオニアに大型バスが2台迎えに来ました。名前を呼ばれ後ろのバスに乗るよう指示されました。

いくつかのツアーが重なっている為に、ここで振り分けを受けます。この時、オレンジ色のカードを渡されました。

まず最初に向かったのはサンライズを観る為の大きな駐車場です。バスから降りるとテーブルの上には珈琲やクッキーなどが用意されていて、皆さん自由にコーヒー等を飲む事が出来ます。

park coffee

その後、エアーズロックを観る為の展望台へと向かいます。展望台の上に登り、遠くに観えるエアーズロックと後ろから登ってくる太陽の両方をチェックしています。しばらくすると、太陽が顔を出して、一通りの記念撮影が終わると皆さんバスへと戻ります。

tenbou ayq

その後、オレンジ組は登山口に向かいますが、この時は登山は禁止となっていました。理由は暑さのようです。この時期は日中は40度近くになります。その後、他のツアーの人達を途中で降ろしたりして、カルチャーセンターに移動しました。ここでは、2階の会場に用意されていた朝食を頂きました。

その後、カルチャーセンターでアボリジニアート[販売している]の見学、センター内の展示物を見学します。僕はアボリジニアートに興味が有るので、数の多さに感動しました。

先住民であるアボリジニのアナング族の女性より焚火のまわりを囲んで、道具の使い方、作り方、槍の投げ方の説明を受けました。勿論、英語のみのツアーなので、半分以上は理解出来ませんでしたが、動作を観ていてなんとなくの理解は出来ました。

anag yari

この後、バスに乗り、再び登山口へと向かいます。そして、一緒にバスに乗ってきたアナング族の女性と一緒にエアーズロックの麓を1キロ程説明を受けながら歩きました。所々で立ち止まりエアーズロックの物語などの話をしてくれました。

10時半には終了して、11時にはホテルに到着しました。

tozanguchi walk2

kengaku drew