Archive for the ‘岡田繁ブログ’ Category

カウラで一番有名な日本人

2018-06-21

それは東京農大OBから構成される男声合唱団「コールファーマー」です。

彼らは40年近くも前から2年に一度カウラに通い市民の家庭にホームスティをしてコンサートを開催している。

現在の日豪交流の先駆けをしていた男たちです。

彼らのコンサートが下記の通り開催されます。

2018年7月15日(日)午後1時半開演

場所:浜離宮朝日ホール

料金:一般3000円、学生1000円

 

ところで、カウラとは?? 是非とも、「カウラ・ オーストラリア」で検索してみてください。

20131126_3

 

エアーズロックの旅なら絶対オズ・プロジェクト

2018-06-12

エアーズロックの日本人旅行者の訪問数が増えているとのこと。

来年の秋から登れなくなる為に駆け込み予約が増えて、ホテルの部屋もなかなか取れなくなってきている。

昨日は大手の旅行会社のオセアニア担当者が話してくれた。

羨ましい話である。こちらは、スタンバイしてエアーズロックに行きたいお客様をお待ちしているのに

まったく問合せがこない。

オズなら 素晴らしいエアーズロックの企画を沢山用意しているのに。

僕の友人で野外キャンプを専門に運営しているカップルがいる。

1泊2日で12万円以上とけして安くはないけれど

焚火で食事を作り、焚火のまわりに寝袋を敷いて、満天の星の下で寝る。シャワーは川で水浴び。

トイレはそこらでしてきてね。

今まで3組のお客様をご紹介したが、最高に面白かったと絶賛のお言葉を頂いている。

 

20160907_001_150x150mudofayerriverside

ノーザンテリトリーの旅は今がお勧めご相談はオズプロジェクトへ

2018-06-04

ノーザンテリトリーのダーウィン方面は今が乾期。乾期は10月上旬迄続く。

ノーザンテリトリーにあるカカドウ国立公園を旅するなら、この時期がお勧め。

本日、シンガポール航空のダーウィン行きの特別価格のご案内が来ていた。

往復で10万円以下である。 6月中の予約で旅行期間は9月末まで利用可能。

これは使えると思い、カカドウ国立公園訪問のツアーを企画してみた。

8日間でカカドウ国立公園を満喫するツアーである。

今から30年近く前に、「クロコダイルダンティ」というオーストラリアの映画が上映されていた事がある。

この舞台となった場所がこのカカドウ国立公園である。

5メートル級の野生のクロコダイル、巨大な蟻塚、2万年前の先住民の壁画、野鳥等々。

大変魅力的な場所であるが、残念ながらカカドウ国立公園を旅するツアーはあまり無いのが現状である。

なぜならば、ダーウィン市内に日本の旅行会社の支店はないし、日本人がいる

現地手配会社も存在しないから。

私のお客様でオーストラリアのタスマニア、カンガルー島、パース、メルボルン、シドニー等を

旅された方は、カカドウ国立公園が一番良かったと話している。実にもったいない話である。

野牛

IMG_0500

crocodail

Darwin_1824

 

 

 

キングスパーク英語塾のパース研修ツアー

2018-06-02

浜松でキングスパークという英語塾を主宰している神谷さんが来所してくれました。

この夏にパースに生徒さんたちと10名でホームスティの研修ツアーに出かけます。

大手の英語学校との差別化を図る為に、今回は第1回目のパース研修です。

神谷さんの元で英語を学ぶ子供達は幸せだと思います。

パースが大好きで、特にキングスパークが大好きという事で、学校名にキングスパークと付けているようですが、

よくよく話をしていると、お父さんが旅行が大好きで、よく一緒に旅番組「兼高かおるの世界の旅」を観ていたとのこと。

それで、兼高さんが「世界で一番美しい街がパースである!」という言葉を信じて、パースを旅して大好きになったらしい。

これで納得です。

私も父親が冒険ものや旅関係の本が好きで読んでいたので、その本を借りて読んでいて今の自分があります。

私が習っている倫理には、「子は親の心を実演する名俳優である」という教えてありますが、

まさにその通りだと思います。

俺の母親です。人の為につくすのが好きな母親です。

DSC_5798

地球の一枚岩エアーズロックを満喫するならオズへ

2018-05-31

エアーズロックはさすがに何度も行ける場所でなはい。

だから、折角いくのだから満喫しないと勿体ない。

登山が来年の秋以降は出来なくなる。

だから、観光客が減るのではないかと関係者は心配している。

このエアーズロックに私は4回程訪問している。

ワーキングホリデー滞在中に初めてエアーズロックに行った。

この時は2度の登山と周囲を1周歩いてみた。

登山は走って登ったので30分間ぐらいで登った事を覚えている。

一周ウォークは10キロなので2時間くらいかかっている。

実は やってはいけない事だけど、エアーズロックの上で夜を明かしている。

頂上から眺めたサンセットとサンライズは美しかった事を今でも覚えている。

15分間のヘリコプター遊覧はお勧め。

それと、レンタカーを借りて自由にエアーズロック周辺をドライブするのは凄くお勧め!!

エアーズロックは登らなくても、遠くから眺めているだけでも十分楽しめる「地球のへそ」だと思う。

説得力がないかな。

エアーズロック

20160907_001_150x150tozanguchikengaku

 

 

ノーザンテリトリーの観光ならオズへ

2018-05-29

JRに乗ったら、ノーザンテリトリーの宣伝広告がありました。

なんでノーザンテリトリーなの?? と思いながら広告を観ていました。

皆さんはエアーズロックが来年の秋から登れなくなるのはご存知でしたか?

エアーズロックは普段でも登れない事が多いのです。

少しでも風が吹いていたり、小雨が降っていたら たちまち登山禁止です。

それは、登山中に転落して死ぬ方がいるからです。

エアーズロックは先住民アボリジニの聖地です。

皆さんだって自分の庭で外国からのお客様が亡くなったら

良い気持ちはしないですよね?

そこで観光局をはじめ、エアーズロックにあるリゾートやツアー会社の人達は

大いに危機感を持っているのです。

再来年からエアーズロックに来所する観光客が間違いなく減る!!!

そんな思いから出てきた広告なんでしょう。

ノーザンテリトリーには、エアーズロック以外にもカカドウ国立公園という野生の

鳥や動物達のいる世界遺産があるんですよ!! と。

エアーズロック

野牛

IMG_4741

029

IMG_0500

 

57歳誕生日

2018-04-26

本日57歳になりました。皆様より沢山のメッセージをいただき、感謝しております。

昨年は自由が丘で30人程の人が集まって誕生日会をしていただきました。

今年は会社で残業しています。でも、最高に幸せです。

 

明後日から第5回ツールド東日本鹿嶋to八戸800kmがスタートします。

今回の参加者は10名と少ないですが、来年に繋げるよう安全第一で蕪島神社を目指します。

先程、八戸市役所観光課の宮本さんと電話で話して、八戸へようこその幕を持ってゴールで

お待ちしてますと言っていただきました。 感謝。

スタートの鹿嶋では前夜祭に鹿嶋観光協会の会長と副会長が参加していただけるとのこと。

お忙しいお二人が揃って参加していただけるのは、ありがたいことです。

女川の石森さんはサンマを。宝来館の女将は海産物を。

南相馬のいちばん星はトマトを。普代村村長は昆布を。鹿嶋観光協会はハマグリを。

参加者の皆さんに提供してくれます。 参加者の皆様の喜ぶ顔が目に浮かびます。

 

一年ごとに、このイベントはパワーアップしていきます。 やはり継続は力なりです。

私の夢は世界中のサイクリストと日本の若者が鹿嶋市に集結して八戸を目指しての自転車の旅。

行った先々で地元の人達と交流しながら、楽しみながら被災地復興イベントです。

海外に出なくなった日本の若者も世界中の人達とイベントを通じて仲良くなり、世界に興味を持ってもらう。

また、外国人参加者には日本の復興の様子や地元の人達の温かさを世界に発信していただきたい。

そして、チャリティーイベントとして集まったお金は、被災地の中学生をオーストラリアに招待する

日豪ジュニアプロジェクトに寄付させていただく。

300人も参加者がいれば20人の子供達をオーストラリアに招待する事が出来る。

皆さんがハッピーになるイベントである。 (何年先になろうが、頑張るぞ!!)

 

実は、いまは私の会社にとっての大きな転換期です。

来年の今頃は、どんな状況になっているか楽しみです。 勿論、良い方向に向かって。

その一つが、今年の7月23日から8月13日まで沖縄の無人島での子供サマーキャンプの手伝いに

参加します。私が昔からやりたかった仕事で今から楽しみです。

鹿島立ち

 

2016ブリスベン 146

rukuda

KIMG0431-1

20141364

mate

カウラの桜

2018-03-27

第2次世界大戦中にシドニーから西に300キロ程離れた場所に日本人捕虜収容所があった。

カウラという地名でアボリジニ語で「石だらけ」という。確かに大きいな石がごろごろしている場所もある。

1944年8月5日に日本人捕虜が脱走事件を起こして200名以上の日本兵と4名のオーストラリア人兵が亡くなっている。

亡くなった日本人兵の為にお墓を作って今でもカウラ市民が綺麗に管理してくれている。

ここには今、南半球で一番大きな日本庭園がある。

そして毎年春になると、ここでカウラ桜祭りが開催されて日本の文化を紹介している。

また有志の人達の発案で一本10万円で桜の木を寄付していただき、収容所跡地から日本庭園までの道のりに

桜並木を作っている。 なかなか水の少ない場所なので、枯れてしまう事も多く、管理が大変なようである。

是非とも、オーストラリアが好きな人達にはカウラを訪問していただきたいものである。

ちなみに、カウラにはワイナリーも有り「カウラの桜」というワインも販売している。

1

20141011_05

 

 

中野駅前でお掃除

2018-03-25

今朝は日本おせっかい協会主催の中野駅前お掃除に参加しました。

協会創始者の高橋恵さんと3人の男性と4人の参加でした。

駅前はタバコの吸い殻、ビールの空き缶などのゴミが結構ありました。

恵さんは、この活動を4年間ほど行っています。

中野区長、教育長などに働きかけているのに全く動かないと嘆いていました。

今は大妻女子の学生が手伝ってくれるとのこと。

恵みさんの考えは駅を利用する学校が協力してくれれば、日本全国の駅の周辺は綺麗になるとのこと。

先ずは中野からスタートして、日本全国に拡げていきたいとのこと。

素晴らしい考えである。

私も微力ながら、弊社のある中野の為にお手伝いをしていきたい。

2016ブリスベン 259

ゴミ一つ落ちていない、オーストラリアのビーチ

WWOOFオーストラリアがカンタス航空サイトで紹介

2018-03-21

地球の歩き方オーストラリア版についで、カンタス航空のサイトにて12月に税理士の先生と視察に行った報告記が掲載されました。

これで、少しは問い合わせが増えるかな。

http://style.qantas.jp/kangaroo/2018/03/wwoof-1.php

« Older Entries