成田からエアーズロックへのシドニー乗り継ぎに関して

2014-12-28

12月13日のQF22便の成田発シドニー行きでシドニーへ到着。相変わらず長いラインが出来て、入国審査までは時間がかかる。スーツケースをピックアップして荷物検査は、今回は申告無しに並ぶと簡単に外に出る事が出来た。

エアーズロック行きはQF5660便。実際はジェットスターのフライトである。通常のカンタスの国内線ターミナルへと向かったが、ジェトスター航空は空港前のバス乗り場1から国内線ターミナル2行きのシャトルバス(有料1人5.5ドル)に乗って移動すると言われてバス停へと向かう。バスに乗り、お金を払って約13分程の移動で国内線ターミナル2へ到着。以前、バージンブルーでの移動も同じようにお金を払って移動したが、何故にカンタスの子会社のジェットスター航空も移動にお金がかかるのか不思議である。

国内線ターミナルでは、まず自動チェックイン機にて各自がチェックインを行う。フライト番号と名前を打ち込むと記録が出てくる。荷物の数等をいれて作業が終わると、搭乗券と荷札シールが出てくる。それをスーツケースに付けて、荷物預かりカウンターに持って行き、スーツケースを預ける。その後、手荷物検査を受けて、搭乗ゲートへと移動する。

今回の到着時間から国内線の出発時間まで3時間のゆとりがあるので問題なかったが、ここは一般のお客様にとっては移動や搭乗手続きにかなり不安が残る。サポートのガイドを付けた方が良いかもしれない。こちらのガイド代は おおよそ2万~25000円程かかる。

jetsterchickin  jetsterconter