ダーウィンの日本人向けラジオ取材

2015-04-21

オーストラリアらしい観光地と聞かれれば、ダーウィンと答える。トップエンドと呼ばれて一番日本に近い場所にあるのがダーウィンです。第2次世界大戦の時に日本のゼロ戦が64回に渡り空爆したのがこの町ダーウィンです。(何度もブログでは紹介している)雨の多いダーウィンもいよいよ乾季が始まり10月ぐらいまでが、ダーウィンを訪問するベストシーズンです。ダーウィン近郊には、世界遺産に登録されているカカドウ国立公園があります。2万年以上前から残る先住民アボリジニの壁画や5メートル級の野生のクロコダイルや野鳥の住むイエローウォータークルーズ、蟻塚などなど、見所がいっぱいのダーウィンです。

さて、今朝はダーウィンの日本人向けのラジオの取材を受けました。パーソナリティーは平山サチさん。彼女には日本とダーウィンで何度かお会いしている日豪を熱く語る仲間です。彼女のお声をかけていただき、スカイップを利用して1時間以上話をしていました。彼女は2月19日に開催されている空爆慰霊祭に日本人として献花をしたり、戦時中に沈んだ日本の潜水艦引き上げに関わったりと日豪間の戦争に関して真剣に向き合っている素晴らしい九州女性です。しかも美人であります。(先日のブログで書いた藤田サルベージの話も彼女から教えていただきました!)

ダーウィン慰霊祭 053

僕もオーストラリアが大好きで、オーストラリア専門旅行会社を行っているので、どうしても避けて通れない2国間の戦争の歴史等に関しての本は読んでいるし、カウラ訪問の仕事なども積極的に行っているので、彼女の行動は素晴らしいと感じています。とにかく、今はスカイップという便利な通信ツールが有るので、今後も密に平山さんと情報交換をしてダーウィンと日本の交流が盛んになるお手伝いが出来るように頑張りたいとおもいました。今日の取材の様子は今度の日曜日に放送されるとのこと、楽しみです。