社会貢献活動

日豪ジュニア・プロジェクト

メルボルンの日本人主婦が東北震災の為に何かしたいという思いからチャリティーカレンダーの製作を行い日本とオーストラリアで販売を行っています。
その売り上げと団体からの寄付により岩手県の中学生をメルボルンに派遣しています。2012年8月は釜石より6名,2013年8月は宮古と山田より5名派遣,2014年には田野畑と大槌町より6名派遣,2015年は譜代村と野田村から5名を派遣しました。2016年は宮城県の女川町からも3名と野田村から3名の中学生を派遣しました。今年は釜石より2名、陸前高田より2名、女川より2名を派遣予定です。
弊社は基金を募るチャリティーパーテー企画、カレンダーの販売と旅行の手配、成田送迎のお手伝いをしています。

IMG_20140817_18283913

2017年のカレンダーの販売をしています。(一冊1000円)  ご協力お願い致します。

DSCF1120[1]


クラブ・オーストラリア

BBQ3

オーストラリアのファンを増やすために仲間が集まり、クルブ・オーストラリアを設立しました。現在会員数は2000名ほど。
毎月第3水曜日の定例飲み会をはじめ、オーストラリア大使館でのパーティー、ワインセミナーなどのオーストラリアに関するイベントを開催しています。入会金は1000円。年会費等はありません。

詳細は:クラブ・オーストラリア事務局へ


ツール・ド東日本 鹿嶋 To 八戸 Bike Ride 800km 

3333

2012年、2013年と2回、オーストラリアのケアンズ~カルンバ780キロチャリティ・バイクに参加しました。300名のオーストラリア人と一緒にキャンプをしながら1週間で780キロを走破しました。このイベントで1000万円をケアンズ周辺の子供の学校や病院に寄付しました。日本でも同じようなイベントを東北の被災地で出来ないものかと考え、仲間と共に視察を2回行いました。そして、4年前に第1回を催行。5人のオーストラリア人と4人の日本人が参加しました。2015年は2人のオーストラリア人と13人の日本人が参加しました。2016年は香港から一人、オーストラリア~二人、総勢21名の参加者がありました。2017年の今年は料理の鉄人でお馴染みのムッシュ坂井氏が鹿嶋~いわき市間の150キロに参加してくれ、オーストラリア人2人を含む12名が参加しました。

詳細は こちら


日本盲導犬協会への寄付

日本はまだまだ盲導犬が不足しています。微力ではありますが、盲導犬を増やすための募金活動を行っております。
事務所に募金箱を設置しております。ご協力をお願いします。
只今の総合寄付金 56,335円 (2016年3月25日現在)  継続は力なり!


「オーストラリア」テーマの講師受けたまります

代表の岡田繁は、大学卒業後にワーキング・ホリデー制度を利用して、オーストラリアに一年間滞在。帰国後、社団法人日本・ワーキング・ホリデー協会にてカウンセラーとして業務。その後、オーストラリア誕生の旅行会社に勤務。13年前にオーストラリア専門の旅行会社を立ち上げる。渡豪回数は130回ほど。妻と長男もワーキング・ホリデーでオーストラリアに一年間滞在。妻とは結婚前にオンボロ車で大陸横断。長男が19歳の荒れていた時に、二人でキャンピングカーでオーストラリアを旅して親子の絆を深める。長女が中学2年生の時はゴールドコーストマラソンのハーフマラソンに参加。次男が高校卒業時には、グレートオーシャンロードをオープンカーでドライブ。「オーストラリア大陸を舞台に親子の絆を深める」テーマで学校や企業での講師を受けたまっております。

大地との旅  カヌーマラソン 043

「オーストラリア」をテーマに旅行産業経営塾の卒論

トラベルジャーナルから取材されました