オーストラリアから野球チームが来日。日豪野球交流のお手伝い。

2015-07-30

シドニーからU16の野球チームが明日、来日する。僕は7時には空港で彼らを出迎えないといけない。

明日は、スカイツリーと飯田橋の野球ショップ、そして埼玉県富士見市の市長表敬訪問を行う。

baseball

選手たちはその後、ホームスティファミリーに引き取られて行くが、大人達14人をホテルにお連れして

焼鳥屋で接待をする事になっている。

2日目は、富士見高校野球部との交流試合と夜は富士見市民との交流会が行われる。60名が鶴馬関沢集会場に集まり宴会が行われる。

DSC01837

3日目は、横浜の球場で横浜の選抜チームとの交流試合、そして午後2時からは東京ドームにて巨人・中日戦観戦。

その後、ホテルにチェックイン。そして、東京都の野球関係者とのパーティーに参加。

IMG_7383

4日目は、朝から富士山5合目に遠足、その足で箱根の遊覧船へ。帰京は19時の予定。

その後、彼らは名古屋で開催されるボーイズリーグの大会に参加することになっている。

tour

lunch

このチームの受けは、今回で8回目ぐらいであろうか?数年前は、新潟の直江津高校と交流試合を行った事がある。第2次世界大戦中にオーストラリアの捕虜が直江津で捕虜として収容されていた歴史がある。冬の寒い海風や雪の冷たさや栄養も取れない為に、肺炎で亡くなったオージー達も沢山いたらしい。直江津には、この当時の出来事を忘れない為に祈念碑が建っている。その数年前にカウラで東海大菅生高校野球部が遠征してカウラ市民とソフトボールの交流をしたことがある。カウラは、日本の兵隊が捕虜となって収容されていたが、脱走を試みて240名近くの日本兵が亡くなっている。今ではカウラ市民により、日本兵の墓地が美しく管理されている。僕が思うに、日豪交流発祥の地がカウラではないかと思うくらい、日本と深い関わりをもっている。その当時の日本兵は草野球をして楽しんでいたらしい、博物館にはその当時の写真も飾られている。そんな歴史が有ったので、東海大菅生高校の理事長に甲子園出場の報奨旅行にカウラで野球交流をしませんかと言ったのが事の始まりである。その時のお返しに、オーストラリアの野球チームが直江津を訪問して、直江津高校野球部との交流試合になった次第である。

20141011_05

さあ、富士見市での野球交流も今回が3回目となる。そろそろ、富士見市も野球を通じての国際交流から一歩前に出ていただけたら嬉しい限りである!!