Posts Tagged ‘オーストラリア専門旅行’

面白いシドニーマラソンツアー企画するぞ!!

2015-03-12

SYDNEY RUNNING FESTIVAL

シドニーマラソン説明会に参加しました。俄然やる気になりました。何故ならば、今年はマラソンが9月20日(日)で、21日22日23日と4連休になります。9月18日(金)の夜に成田を出発して、ブリスベン経由でシドニーに19日(土)到着。20日(日)がマラソン本番。21日(月)22日(火)と2日間遊んで、23日(水)の夜に成田着。休まずにシドニー満喫出来るのです!!

Blackmores Sydney Running Festival

このマラソンの魅力は、ハーバーブリッジを走って渡り、ゴールは世界遺産のオペラハウスであること。

しかも国際陸上競技連盟(IAAF)のゴールドラベルで世界でもトップクラスのマラソンである。

参加者数は 33,567名。日本人は753名参加しているとのこと。外国人ランナーではニュージーランド人よりも多い、トップである。特典としては、マラソンゼッケンを見せると、20日(日)は一日中、市内のバス、電車、フェリーが無料で乗り放題。

Blackmores running festival-30

弊社でも今年は、ツアーを企画します。しかも面白いツアーを考えています。マラソンを走った後ですが、フリーの乗物をフル活用してシドニーの街を探検したいと考えています。そして、2日間を有効活用して思い出に残る旅にしたいと思います。世界遺産のブルーマウンテンズに宿泊もいいし、第2次世界大戦中に捕虜となっていた日本兵が脱走をして大量に亡くなっている歴史の街カウラに訪問するのもいい。とにかく、オーストラリア専門旅行会社のオズ・プロジェクトに期待して下さい。

 

 

9月20日シドニーマラソン参加なら早目のアクションを!!

2015-02-23

本日、お客様からシドニーマラソンの問い合わせを頂きました。マラソンツアーに参加するもの良いですが、私がお勧めするのはユースホステルを利用する方法です。

シドニーハーバーユースホステルは大変綺麗で、立地も素晴らしい所にあります。
1泊5000円前後の4人~6人部屋利用ですが、綺麗で快適です。
スタートのミルソンズポイントへもハーバーブリッジを歩いて行く事が出来ます。(30分ぐらい)
マラソン参加者は当日は、鉄道、バス、フェリーが無料で利用出来ます。
ゴールのオペラハウスからも歩いて帰ることが出来ます。(15分ぐらい)
キッチンも付いていて、自分で調理出来ますので、物価の高いオーストラリアでは安くあげる事も可能です。
(もちろん、外食する場所は沢山あります。)さて、今 飛行機の空き状況を調べました。
下記のスケジュールですと、94,320円でお取り出来ます。
【燃油サーチャージ、空港税込み】9月17日(木) 羽田発22:00 シドニー着 18日(金)08:30
出発が18日に集中しますが、17日なら運賃も安めです! (早めのご予約をお勧めします!!)
9月22日(火) シドニー発 07:35 ブリスベン着 09:05
ブリスベン発11:15 成田着 19:25

空港から市内へは鉄道で20分間程です。 往復4,000円程。

また、マラソンのゼッケンはシティホールで交換出来ます。
日本人スタッフが待機していますので、言葉に問題はありません。
ユースホステルから歩いても30分ぐらいで行けます。

弊社の手数料 2万円(査証所得代も含む)
エントリー代 フルマラソン 16200円(7月3日までのエントリー)

エントリーやマラソンコース等に関しては、シドニーマラソン事務局のサイトを参考にして下さい。

現在の概算旅費代  155,000円

含まれるもの

航空代金及び空港税等
宿泊費4泊分
空港から市内への鉄道代
弊社の手数料(査証込み)
マラソンエントリー代
マラソン当日は参加者はフェリー、鉄道、バス乗り放題です。マラソン終了後、フェリーで観光をお勧めします!!

上記以外にかかるもの
食事代
お酒代
お土産代
現地オプショナルツアー代

合計しても20万円以内で可能かと思います。
マラソンツアーよりはかなり安く参加する事が可能です。ただし、飛行機の予約は早目にする事がポイントです。

ちなみに、昨年は600人の日本人がシドニーマラソンに参加しています。
メルボルン 100

ハネムーン!癒しを求めてINオーストラリア

2015-02-01

海好きな2人。ハネムーンは海に行ってゆっくりしたいという意見が一致し、日本と季節が真逆のオーストラリアに決めました。

せっかく行くならありきたりのプランではなく、オーストラリアを自分たちらしく満喫したい!という思いを岡田さんに伝え、プランを練って頂きました。

 

空港到着後、まずあらかじめ手配して頂いていたレンタカーを借りて、いざゴールドコーストへ。海外での運転は初めてでしたが、日本と同じ右ハンドルで車線も同じく、意外とスムーズ。唯一ラウンドアバウトは少し苦戦しましたが、現地のドライバー達はおだやかで、戸惑っている私たちにも優しかったです!

写真①

 

少し走って、岡田さんオススメのライフセービングクラブハウスで朝食。オーシャンビュー、というよりもはや、オンザビーチ!!!到着後の初海で、2人ともすでに浸っていました。

写真②

 

クラブハウスのすぐ近くにあるカランビンワイルドライフサンクチュアリへ。念願のコアラを抱っこ!!!

写真③-1

 

ゴールドコーストの海からほど近いホテルに宿泊。高層ビルと海のコラボレーションは日本では見られません!バルコニーからの景色は絶景でした!

写真④-1

 

ゴールドコーストに2泊した後、1時間ほど車を走らせ、バイロンベイへ。ゴールドコーストとは違い、のんびりした町で、とってもくつろげる雰囲気!

写真⑤

 

ここではコンドミニアムに宿泊。町のスーパーに毎日通ってお酒や食材を買って、自分たちで食事を作って食べました。分厚い牛肉を塩コショウで焼いて…美味!まるでバイロンベイに住んでいるような気分でした。

写真⑥

 

夢であった、海でのウエディングフォトも実現しました!岡田さんから紹介して頂いたカメラマンさんに海やオススメの場所に連れて行って頂き、素敵な写真が仕上がりました

写真⑦

写真⑧

 

あっという間の6泊8日、忙しい日常を忘れて、2人でゆっくりできました。

旅行に行く前は、初めてのオーストラリアで車を運転することに少し抵抗がありましたが、いざ行ってみると、車があって本当に良かったと思っています。駐車場にも困らないし、現地の人たちも親切で…特にバイロンベイでは、スーパーで買い物をする機会が多かったので、車があってとても身軽でした!

また、岡田さんに教えていただくまで、バイロンベイの存在を知りませんでしたが、海を中心とした自由な雰囲気にすっかり魅せられました!

次に行く機会があれば、バイロンベイをオープンカーで走りたいです!笑

写真⑨