Posts Tagged ‘ワーキングホリデー’

ワーキングホリデー同窓会

2015-06-09

僕は、社団法人日本ワーキングホリデー協会で働いていたことがある。その前進の日勤協ワーキング・ホリデーセンターでもアルバイトとして雇っていただいていた。そもそも、何故働けたか?それは、日本体育大学の4年生の時に、卒論のテーマに「ワーキングホリデーの実態調査」を選んだのである。オーストラリアに行く前に、体験帰国者に会って情報収集をしながら、卒論を進めていたのである。(一石二鳥なんて考えて、なんていい加減な卒論!!)そんな理由から体験帰国者が集まるワーキングホリデーセンターに頻繁に顔を出していたのである。そこで、当然名前も顔を覚えていただき、大学卒業してからオーストラリアで一年間ワーキングホリデーを体験して帰国した時にセンターに訪問したら、「これからどうするの??」と聞かれて 何も予定もなく、お金もなく、とんとん拍子でセンターでアルバイトさせていただく事になった。

その時の職員であった山城さんと電話で30分間程話をした。今週の土曜日にワーキングホリデー同窓会を中野でやるので参加しないかとお誘いを受けた。山城さんは、僕の母親と同年代。僕の母親みたいな人で、いつも心配してくれている。ありがたいことである。

そこで、今週の土曜日に16名のワーキングホリデー体験者達が集まり中野で同窓会をする事になった。我が家は妻と長男がワーキングホリデーである。おそらく、次男と長女も行くのでは???僕にとってワーキングホリデーは、今の自分を築き上げてくれた基礎工事みたいなものである。オーストラリア専門旅行会社経営という仕事、家族、そして仲間たち。もっと多くの日本の若者がこの制度をうまく利用して、海外に出て行き、視野を拡げて貰いたいものである。「若者よ世界に羽ばたけ!!」

KIMG0431-1  僕のワーキングホリデー時代の大切な兄貴分!!

オーストラリア家族でキャンピングカーの旅

2015-02-24

本日神谷町にあるクィーンズランドビジネスセンターでお会いした女性は私と同年代。20代後半の時に、ご両親と3人で3週間のオーストラリア旅行をした事が切っ掛けで、ご両親はゴールドコーストに家を建てて10年間お住まいになり、ご本人も20年間オーストラリアで教育の仕事に携わってこられたとの事。

キャンピングカーを借りて、ブリスベンからシドニー近郊までの3週間の旅が、彼らの人生を大きく変えてしまったのだから凄い!オーストラリアにはそれだけ魅力が有るという事です!!これは、大手旅行会社が企画する旅ではありえない事だと思います。長期間(日本人にとっては!)のキャンピングカーの旅が、本当のオーストラリアの魅力を教えてくれたのです。オージー達の親切心、自然の美しさ、ゆったりした時間の流れ等々が彼れの気持ちを、この国に住んでみたいと変えたのでしょう。

私も一年間のワーキングホリデーでオーストラリアに生活体験をして、すっかりこの国の魅力にはまりました。彼女とお会いしてお話をお聞きして、僕が目指す旅の提案は間違っていなかった事を確信しました。皆さん、彼女達家族の様なオーストラリアの旅をして下さい!!もしかしたら、あなたの退屈な人生が大きく転換するかもよ。

巨大ロブスター

 

IMG_9888

オーストラリアへワーキングホリデーで行こう!

2014-09-27

僕の知人の息子さんがオーストラリアから帰国した。彼は、プロのスポーツ選手であったが、怪我をしてしばらく、家でぶらぶらしていたとのこと。これではいけないと、ワーキングホリデーでタスマニアに今年の3月に渡った。英語学校に通って、休日は大好きな山歩きをしていたらしい。6月に連絡があり、学校を辞めたい、自転車旅行に出かけるとのこと。ずいぶんと積極的になったなと思った。その後、連絡がなかったが、先日帰国したとお母さんから電話があった。

出発前は帰国後の進路は決まっていなかったが、2年間の予定を早めて帰国したのは、本人の心の中での今後の進路における決断が有ったようだ。近日中に会う予定であるが、彼の自転車の旅と今後の人生についての話を聞くのが楽しみである!!

若者よ、旅に出よう。特に働く事の出来る、最長2年間もオーストラリアに滞在出来る、ワーキング・ホリデー制度を利用しないのは勿体ないと思う。人生は一度だけである、若い頃の1~2年間の寄り道は、その後の人生において、ものすごい大きな力(人間力)を与えてくれるはずである。

僕は、若者のワーキング・ホリデーに行く人達の応援をしたい。僕のオーストラリアのネットワークをフルに利用して、より充実した時間を過ごせる様にお手伝いをしたい。皆さん一人で悩んでいないで、中野の事務所に遊びに来て下さい!!ビールでも飲みながら、色んな話をしましょう。 

大地との旅  カヌーマラソン 043

写真は、息子の大地 彼もワーキング・ホリデーで一年間オーストラリアに滞在  ラーメン屋で働いたり、ピッキングをしながら車で旅をした。