Posts Tagged ‘旅’

オズ・プロジェクトが生き残る道

2014-09-11

私はオーストリア専門の旅行会社を11年間経営しています。何故、オーストラリア専門なのか? オーストラリアに130回近く(何回か数えていないけど)訪問しているので、皆さまよりはオーストラリアの事を知っている、オーストラリアの旅の事ならアドバイス出来ると確信をしていたからです。

しかし、オーストラリアは日本の22倍。130回も訪問しているのに、まだまだ未開の地というのが本当のところです。大きすぎるのです。ならば、シドニー専門の旅行会社にしたらどうでしょう。130回もシドニーを訪問していたら、間違いなく日本に住む誰よりもシドニーの事は詳しくなりますね。しかしですよ、シドニーに住んでいる日本人と比較したらどうでしょう?そして、彼らがシドニーに住みながらシドニー専門の旅行会社を始めたら、東京の中野で旅行会社をしている僕がかないっこありません。

メルボルンに20年間住んでいる友人がいます。彼女は20年間もオーストラリアに住みながらケアンズやゴールドコーストに行ったことがありません。ましてや、ブルームやカンガルー島や、ロードハウ島といったらチンプンカンプンの世界だと思います。僕は日本体育大学を卒業して、ワーキング・ホリデーでオーストラリアに渡ってから30年近くオーストラリアと関わりを持ち、オーストラリアに通い続けています。添乗員として230名の日体大の後輩をシドニーに連れて行った事もあります。50歳の時には、会社をほったらかして2か月間オーストラリアを放浪していた経験もあります。5年前にはオーストラリアのファンクラブ「クラブ・オーストラリア」も立ち上げました。おそらく、日本ではNO1のオーストラリアに対する気持ちは熱い旅行会社経営者だと思っています。そんな僕ですが、最近のハネムーンの見積依頼に関して良い結果が出せないのです。ハートリーフに行ったことがない。ハミルトンの高級ホテルに泊まったことがない。まだまだ、オーストラリアの知らない事や、知らない商品が多いのが現実です。正直、落ち込みます。何をしてきたんだろう。

ならば、なんで僕はオーストラリアの世界で勝負したらいいのか? これなら、JTBでもHISでも、オズ・プロジェクトから商品をしいれなければならない。「これは、まちがいなくオズ・プロジェクトがNO1だよね。」と言わせるオーストラリアのプロダクトを持つかだと思います。本来ならば、会社を立ち上げる前から、そんな戦略を考えていくものなのでしょうが、私は行動をしながら学ぶ人なので今になり、真剣にそんな事を考え始めています。オズ・プロジェクトでしか出来ないプロダクト。マスコミが取材に来てくれて、ラジオやテレビにも出れて、日本全国から講話依頼がくる。仕事が楽しくて、楽しくて、そんな気持ちになれるプロダクトを絶対作り上げてみるぞ。

20131126_2

初ての海外!オーストラリア旅行体験記 メルボルン&タスマニア15日間初ての海外!オーストラリア旅行体験記

2013-10-31

初ての海外!オーストラリア旅行体験記

体験者:岡田 直樹

DSC01998_R

海外初体験の高校一年生。「オズ・プロジェクト」の代表である伯父と15日間に渡るオーストラリアの旅を通して感じた【体験記】素直に綴りました。

日程 内容
01月01日 夜 成田発
01月02日 朝 ゴールドコースト着後シドニーへ(シドニー泊)
01月03日 シドニーから電車でメルボルンへ(メルボルン泊)
01月04日 メルボルン観光(メルボルン泊)
01月05日 メルボルン発 航路でタスマニアのデボンポート着(デボンポート泊)
01月06日 レンタカーでホバートへ(ホバート泊)
01月07日 ホバート周辺観光(ホバート泊)
01月08日 ホバートからストローンへ(ストローン泊)
01月09日 ストローン観光後クレイドルマウンテンへ(クレイドルマウンテン泊)
01月10日 クレイドルマウンテンハイキング(クレイドルマウンテン泊)
01月11日 クレイドルマウンテンからビシェノへ(ビシェノ泊)
01月12日 ビシェノからロンセストンへ(ロンセストン泊)
01月13日 ロンセストン観光(ロンセストン泊)
01月14日 空路でメルボルンへ(メルボルン泊)

【体験記】
人生で初めての海外旅行先はオーストラリア。
何もかもが初めての事ばかりで、楽しい事も大変な事もありました。

まずは成田からゴールドコーストへ。
海外も初めてなら飛行機も初めての体験で、離陸時と着陸時はとても不安で緊張してしまいました。
オーストラリアに向かっているのだと始めはワクワクしていましたが、あまりにも長いフライトのだったのでゴールドコーストに着いた時にはヘトヘトに。
そこから国内線の乗り換えに四苦八苦しながら飛行機を乗り換えてシドニーで伯父と合流しました。

シドニーでは伯父の勧めでいろいろな乗り物に乗れる一日券を購入したのでバスや地下鉄、フェリー等にも乗ることができ、ハーバーブリッジを電車で往復もしました。
シドニーを走る電車は全て2階建てなのにはビックリしました。
フェリーではマンリーという場所とを往復し、サーキュラーキーからダーリングハーバーに向かう際にはシドニーの街並みや夕焼けを見ながらハーバーブリッジの下を通り抜けました。

DSC01712_R

シドニーの港の景色はとても綺麗でした。海が入り組んでいるのでフェリーで見て回るのはいいですね。

DSC01708_R

有名なオペラハウスも間近で見る事ができましたが、オペラハウスは角度を変えてみると形がそれぞれ違って見えるので面白かったです。

DSC01707_R

夜はユースホステルに宿泊。
ここではオーストラリアの家庭の味と言われるベジマイトをパンにつけて食べましたが、なんとも言えないにがいような、しょっぱいような初めての味でした。

DSC01705_R

オージービーフのステーキも食べましたがあまりにもビッグサイズなのでここでもビックリ。

シドニーからメルボルンへは電車での移動。

DSC01715_R

電車は、日本の特急列車に似ていました。
車内では初めてミートパイを食べて美味しかったのですが、量がすごく多いので最後の方はきつくて無理やり食べました。

DSC01741_R

時々乗務員さんがゴミの回収にきてくれるのが日本と違うなと感じました。

景色はシドニーから出て1時間後には牧場と草原が広がり、メルボルンに着く30分前までこの風景が続きました。
メルボルンへの到着が2時間も遅れ、半日以上も電車に乗っていたので正直疲れてしまいました。
オーストラリアは本当に広い!

メルボルンでは伯父の友達のブライアンの家へ1泊、真弓さんの家へ1泊させてもらいましたが、家の中に土足であがるのには驚きました。
彼は日本語をまったく話せなかったので最初は意思疎通がまったくできませんでしたが、身振り手振りで少し通じるようになったのが嬉しかったです。
家が大きく、庭はもちろんバスケットコートや釣堀まであったのには驚きました。
ジョークが好きなブライアンと話すのは面白く、奥さんも優しく親切にしてもらいました。
ブライアンには、彼が通うヘリコプター・スクールに連れて行ってもらって良い思い出になりました。
ブライアンの奥さんに駅まで送ってもらう際に、バックパックを車のトランクに忘れてしまい、電車に乗ったのにも関わらず2人で取りに戻ったというハプニングもありました。

アボリジニ・アートコーディネーターをしているという真弓さんの家では、メルボルンに住む日本人の友達が集まって宴会を開いたのですが、メルボルンに40年も住んでいる人や有名なシェフ等が集まって楽しかったです。
真弓さんは朝ご飯まで作ってくれて母親のように優しく、本当にお世話になりました。

DSC01798_R

メルボルンからタスマニアへは、スピリット・オブ・タスマニア号という船に乗りました。
今までに見たことのないような大きな船で、映画館やレストラン、ステージ等がありました。
船は朝の9時に出港して港に着いたのは夕方の6時でしたが、波が強かったので少し船酔いをしてしまいました。

正直僕は、今回旅行に行くまでタスマニアという島がる事を知りませんでしたが、実際に行ってみると野生動物や山、湖など沢山の自然に囲まれている良い島でした。

タスマニアでは伯父のお客様3人と合流してレンタカーで島を回りました。

DSC01809_R

3人はとても食いしん坊でお酒も強く、毎晩ワインを3本開けていました。
それぞれ個性的な方々でしたが、僕にとても親切にしてくれました。
ドライブの途中で魔女の宅急便のモデルになったパン屋さんにも寄り道しました。

DSC01812_R

DSC01813_R

タスマニアの動物はとても個性的で、有名なタスマニアデビルは保護センターに見に行きました。
他にもワラビーやポッサムを見ましたが、どれも小さくてとても可愛かったです。

でもタスマニアをドライブしている時に道路の至る所に死骸があってかわいそうでした。

クレイドルマウンテンではダブ湖周辺をハイキングして、ナイト動物ウォッチングを楽しみました。

DSC01941_R

他にもワイングラスベイで美しい景色を見たり、クルージンズで大自然を満喫したりしましたが、伯父の友人のジョンの家で過ごした時間が一番楽しかったです。

DSC01998_R1

ジョンの子供とは一緒にサッカーや卓球をしたりして遊んだり、ギターやピアノを弾いたこと、おしゃべりをした事等全て面白かったです。

DSC02038_R

DSC02040_R

ジョンの奥さんが日本人なので、皆が少し日本語を話せて助かりました。

DSC02043_R

大きなラム肉をBBQで食べるという経験もできました。
お肉を焼くのを男性の仕事なんだそうです。

DSC02019_R

DSC02022_R

DSC02023_R

今回旅行に連れて行ってくれた伯父にはとても感謝しています。

DSC01806_R

伯父は気まぐれでその日の予定が変わったりもしましたがそれがとても楽しかったです。
社交的でお客様に対する対応は友達感覚のようだったので半分遊んでいるようにも見えましたが、とても自然だなと感じました。

DSC02030_R

この旅行でオーストラリアの広さを実感した時に日本はとても狭い国だという事に気が付きました。 
そして、自分の英語は全然通じなかったので英語をもっと勉強しなければならないと感じました。
何とかして思いを他人に伝えようとした事で積極的に話しかけられるようになり、社交的になれました。
最後に旅行を通して出会った人や支えてくれた人達にありがとうと伝えたいです。
伯父、旅行のお金を払ってくれた両親、オーストラリアの人達、お客様などに本当に感謝しています。

6eece3a194a26837474f41f9f76e7c0f

岡田 繁(おかだ しげる)

f0144c77e0e5cb4859f0a659212460d8

1961年千葉県白井市出身。日本体育大学卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアに1年間滞在。渡豪回数は100回を越え、オーストラリアが大好きな家族と共に新たな事に果敢に挑戦し続けている。現在メルボルンへの2ヶ月間の武者修行中を終えて日本国内で活動中。夢はオーストラリアに会社と家を持ち、日本と行き来すること。

お問い合わせ電話番号/03-5345-5528

お名前  
電話番号   - -
メールアドレス  
希望する連絡方法   電話 メール
お問い合わせ内容  
内容確認   確認済み