オーストラリアへワーキングホリデーで行こう!

2014-09-27

僕の知人の息子さんがオーストラリアから帰国した。彼は、プロのスポーツ選手であったが、怪我をしてしばらく、家でぶらぶらしていたとのこと。これではいけないと、ワーキングホリデーでタスマニアに今年の3月に渡った。英語学校に通って、休日は大好きな山歩きをしていたらしい。6月に連絡があり、学校を辞めたい、自転車旅行に出かけるとのこと。ずいぶんと積極的になったなと思った。その後、連絡がなかったが、先日帰国したとお母さんから電話があった。

出発前は帰国後の進路は決まっていなかったが、2年間の予定を早めて帰国したのは、本人の心の中での今後の進路における決断が有ったようだ。近日中に会う予定であるが、彼の自転車の旅と今後の人生についての話を聞くのが楽しみである!!

若者よ、旅に出よう。特に働く事の出来る、最長2年間もオーストラリアに滞在出来る、ワーキング・ホリデー制度を利用しないのは勿体ないと思う。人生は一度だけである、若い頃の1~2年間の寄り道は、その後の人生において、ものすごい大きな力(人間力)を与えてくれるはずである。

僕は、若者のワーキング・ホリデーに行く人達の応援をしたい。僕のオーストラリアのネットワークをフルに利用して、より充実した時間を過ごせる様にお手伝いをしたい。皆さん一人で悩んでいないで、中野の事務所に遊びに来て下さい!!ビールでも飲みながら、色んな話をしましょう。 

大地との旅  カヌーマラソン 043

写真は、息子の大地 彼もワーキング・ホリデーで一年間オーストラリアに滞在  ラーメン屋で働いたり、ピッキングをしながら車で旅をした。